ニュージーランドハイキング@プナカイキ/南島西海岸 (後編)

ニュージーランド

ニュージーランド南島の西海岸プナカイキでのハイキングは、前編でもののけの世界が広がるCave Creek Memorial Trackまで進み、予想だにしない景色に目を奪われた。後編は、ハイキングコースの残りとプナカイキの有名な観光スポットを訪れた話。

勘違いで別のハイキングコースを進むと…

Cave Creek Memorial Trackは地図上では⑤に表記されている。しかし、この時はこんなにも奥地に進んでいたとも気づかず、プナカイキ川の近くの①/⑨のポイント辺りと思い込んでいた。

谷から元の場所に戻るには、上り坂に体力を奪われながら進むことになる。足に疲れが出始めてきたが、それでも照り付けてきた太陽に、なんと天気に恵まれた日になったのだろうと気持ちが昂る。

分岐点となる地点に戻ってくると、標識にはインランドパックトラックのポロラリ川に進む道が2時間、Bullock Creek Roadは5分との表示。

前者はここまで辿り着いてきた道のりなので、また同じ道で引き返すのも選択肢としては賢明だが、2時間という数字に、足が悲鳴を上げているように感じる。

後者のブルロッククリーク道はなんとわずか5分。この時は、地図と現在地が頭でうまく整理できておらず、この道を通っていったら、車を停めた地点の辺りまでわずか5分で行けるのかと、本気で勘違いしていた。当然、短い時間に越したことはない。迷わず後者のルートを選択。

歩き始めると、“お花畑”と形容するのにピッタリな風景が迎えてくれる。ここまでよく歩いたので、クライマックスにふさわしい演出か?しかし…。

近くの掲示板に目をやり、ようやく現在地を把握して、いままで勘違いしていたことに気づかされる。インランドパックトラックとブルロッククリーク道の分岐点に居ることが判明。さらにその地点は車を停めた沿岸からかなり離れているではないか。

ここはまたインランドパックトラックを2時間かけて戻るか、あるいはこのブルロッククリーク道を進むか悩む。

ブルロッククリーク道は自動車でも通れる道なので、歩きやすさはこれまで進んで来た道とは比較にならないくらい。同じ景色をみるよりも違う場所を通ったほうが良いだろうとこの道を進んで行くことに。

疲労感マックスも絶景に激励されラストスパート

先程みたBullock Creek Roadは5分というのは、その道の入り口まで5分という意味で、海岸沿いまで5分で戻れるという意味ではなかった。

車で進めば10分ほどで戻れるのかもしれない。どこかで車と遭遇すれば、ヒッチハイクを試みよう。

車が通行できる道なので、歩くのは至って簡単。むしろ単調過ぎて退屈なくらい。岩山で足を滑らせないか、沼地に足を取られないかなど気にしながらハイキングをしているほうが、神経を使う分、そちらに気が紛れ、体の疲労を感じさせられることが少ない。

こうも単調な道のりでは、目を閉じても歩けるくらいなので、足の疲れが脳に伝わり、残された距離をこの疲れでどう乗り切るかだけに神経が占拠される。

疲労感がピークに達し、ハイキングのモチベーションがどんどんと下がっていく。しまいにはどうしてこの道を選択したのか。なぜ、ルートを勘違いしていたのかと自分自身を攻めたくなる衝動に駆られる。

そんなネガティブな感情をなだめるように、目の前に広がる景色は壮大の一言に尽きる。悩んでいるのが馬鹿馬鹿しく感じられる。この自然のようにどんと構えて、目の前の道を突き進むしかない。

アマゾンを彷彿とさせる大自然の姿だが、意外にも虫に遭遇することはない。蟻や昆虫の姿もほとんどなく、野生とみられるヤギの群れに1度遭遇したくらい。しかも、人馴れしていないため警戒感が強く、距離が少し縮まっただけで一目散に谷の方に逃げていった。

車のエンジン音が聞こえてきたので、ヒッチハイクが脳裏によぎったが、残念ながら反対方向に進んでいったので、乗せてもらうことはできず。

時折、携帯の地図を確認しながら、少しでも着実に進んでいることを確認しつつ、残された距離感に絶望的な気持ちになる。

それでも歩いている限りはいつかは終わりに近づくものだ。お花畑を出発してから1時間8分。ようやく出口に。

案内板にはブルロッククリーク道は6キロメートルと表示されている。そんなにも歩いてきたのか。この場所にたどり着いた時点ではもう、足が文字通りがくがくだった。

しかし、まだここから車を停めた駐車場まで向かう道のりが残されている。沿岸部に出てくるとまた少し青空が広がり、疲労感を紛らわせてくれる。

プナカイキは、山沿いに走る車道とは別に歩道がきちんと整備され、その脇を植物が生い茂る。ここを歩くだけでも楽しいだろう。

ようやく駐車場まで戻ってくることができた。疲労感は募ったが、同じ道を引き返すよりは、壮大な景色も楽しめたし、時間も少し短縮できたので賢明な選択だった。道中は、疲労感からこの選択を少々悔やんでいたけれど。

結局、ハイキングはトータルで4時間ほど。時間にしてはそれほど長くはないが、足の疲労感はもっと長時間歩き回ったかのようだ。

プナカイキの名所・パンケーキロック

ハイキングの途中はほとんど他の観光客に遭遇することはなかったが、プナカイキにはパンケーキロックスとう名所があり、多くの人が訪れる。さすがにこのスポットを外すわけにはいなかい。

だが、その前に少し休憩。4時間ガッツリとハイキングをしたのでエネルギーもチャージせねばならない。

パンケーキロックス近くのカフェでは、文字通り名所にあやかりパンケーキメニューを前面に売り出している。初めは何故この場所でパンケーキを売りにしているのか理解できず、思わず店員さんに尋ねてしまった。

ハイキングで十分に運動したので、チョコレートパンケーキ、27.5NZドル(=約2,500円)。チョコレートソースがすでにかかっていたが、追加のソースが添えられている。チョコレートラバーには嬉しい限り。疲れた体に甘さが染み渡る。

パンケーキを食した後は“本物”のパンケーキ岩へ。入場料は不要で、遊歩道が整備されており、巡回できるようになっている。

岩が積み上がったように見えるその風貌は、パンケーキに見立てることができるが、むしろ積み上がり過ぎているような印象。それでも自然が織り成すユニークな姿は一見の価値あり。

岩に囲まれた空洞のスペースがあり、自然のプールのようだが、打ちつける波の強さで水しぶきが上がる。文字通り音を立てながら波が押し寄せては引き返していく。

他では見られないユニークな地形は、ニュージーランド南島の西海岸、プナカイキならでは。ニュージーランドから離れた異国の地にワープしたような絶景が広がるハイキングコースに、パンケーキに見立てられる名所、天候次第ではあるが、プナカイキは西海岸で是非、訪れてみたい場所。

タイトルとURLをコピーしました